障害等級とは


交通事故でけがなどを負った場合、後遺障害の等級に応じて支払われる賠償金が異なります。ここでは、障害等級についてご説明します。

交通事故により心身に負った傷が一定期間治療しても治癒せず、症状固定となった場合、後遺障害等級の認定申請をし、認定されたものを後遺障害と言います。後遺障害等級は1級から14級まであり、1級と2級のみ介護が必要かが問われるので、全部で16等級あることになります。後遺障害の賠償金を算出する基礎となる慰謝料や逸失利益などは、等級に応じて目安が決められています。後遺障害等級の認定申請には、事前認定と被害者申請の2つの方法があります。事前認定は診断書などの必要最低限の書類のみ用意するだけで、手続きは保険会社が全て行ってくれます。被害者申請は、自身で必要書類などを全て揃えます。後遺障害等級の認定を受けられるようポイントを抑えた適切な書類を作成しなければなりませんので被害者請求を選択する場合は、弁護士へ相談してみるのも良いでしょう。

後遺障害の程度は一人一人異なりますが、個別で損害を算出するのは困難である為、基準となる等級を設け公平に処理しています。また、障害等級は非常に複雑であり、認定される為にかなりの労力を費やす場合があります。その場合は、専門の弁護士に依頼する事をお勧めします。