交通事故に遭った場合


交通事故に遭った際、気が動転してしまい冷静な判断が出来ない状態になる場合があります。もし事故に遭った場合、このような状態を避ける為にも日頃からきちんと確認、準備しておく事が大切です。ここでは、交通事故に遭った場合にするべき事について、ご説明します。

まず、必ず警察に通報する事です。ケガなどを負って動けない場合以外は、相手が逃走する可能性もありますので、自分で警察を呼ぶようにしましょう。相手が警察を呼ぶ事を嫌がるケースもありますが、警察を呼ばないと事故証明書などを発行してもらえない為、後の手続きに支障をきたします。必ず通報しましょう。次に、現場の記録を取る事です。事故車や現場の状況、負傷部位、破損部位など、自分で記録として残しておきます。相手の氏名や住所などの基本的情報はもちろん、出来れば車両ナンバーや車検証なども記録しておく事をお勧めします。その後保険会社に連絡します。後々後遺症などが現れる場合もありますので、当人同士で勝手に示談する事は避けて下さい。保険会社に連絡しておく事で、示談の際に必要となる書類が出てくるなど、後で後でになる事を避けられます。最後に病院に行きます。現時点で目立った外傷が無くても、後々むち打ち症が出てきたり、脳出血や骨折などが発覚する場合があります。傷害が見つかった場合はすぐに診断書を作成してもらい、速やかに人身事故の手続きを行って下さい。

事故に遭った場合、迅速に的確に動く事が大切です。ケガなどを負っている場合は、保険請求などの手続きも必要となって来るのでわからない場合などは弁護士などに依頼する事をお勧めします。