メリット


後遺障害等級認定請求の被害者請求をした場合、弁護士に依頼するメリットについて、ご説明します。

一般人にとって後遺障害の認定手続きは、非常に複雑であり、専門知識がないと作成するのに困難です。そこで、医師に診断書をどのように書いてもらえば有効的なのか、労災が絡む場合はどうするのか、申請方法はどのような手順で行えば良いのかなどを教えてもらえ、スムーズに手続きが進みます。また、作成や手続きに当たり、様々な疑問や不安も出てきますが、そういった場合も専門的視線からきちんと対処してもらえるので、後遺障害に見合った等級取得の可能性が高くなり、示談金や慰謝料も大幅に増額して受け取れる可能性が高くなります。

弁護士費用については、自身が入っている保険に弁護士特約が付いていれば、全額保険会社が支払ってくれます。限度額は通常300万円ですから、小さな事故などの場合は足りなくなる事はほとんどありませんので、回収できた賠償金については全額もらう事が出来ます。足りなくても300万円は負担してもらえるので、積極的に特約を利用する事をお勧めします。弁護士に依頼する事で、迅速かつ的確なアドバイスがもらえ、手続きもスムーズに行われ納得のいく解決が望めます。