弁護士への相談


後遺障害の等級認定を受ける際、後遺障害診断書を基に判断される為、書き方は非常に重要になります。ここでは、後遺障害診断書を作成する際に弁護士に依頼する場合について、ご説明します。

認定手続きでは、主に被害者申請を行う場合に弁護士に相談するケースが多いです。被害者申請は自身で資料の収集や作成をし、手続きを行います。後遺障害診断書は基本的に医師が作成しますが、交通事故処理に不慣れな医師の場合は、診断書に不備が生じる場合があり、認定されるべき後遺障害等級が認定されない場合があります。しかし、弁護士が介入する事で認定に影響を与える不備などを防げます。被害者の症状の程度や日常生活、業務上での支障などの聞き取りを行い、診断書の内容を精査します。また、医師に対して再検査の実施、診断書や意見書の再作成の依頼などの為に医師の元へ訪問してくれる事もあります。認定された等級によって慰謝料などは左右しますので、何級に認定されるかは非常に重要なポイントなのです。適切な等級認定をしてもらい、しっかりと賠償金をもらうためにも弁護士へ相談することが大事です。

認定された等級に応じて慰謝料や逸失利益といった賠償金額が算出されるため,後遺障害が何級に該当するかは,非常に重要です。後遺障害の等級認定が適切に行われないと,本来もらえるはずの賠償金を受け取れないおそれがあります。

また、他の提出書類でも同様に、弁護士に依頼する事で、等級認定される為のポイントを押さえた書き方の指導もしてもらえます。過去の様々な事例や判例を基に、書類の作成について細かいアドバイスをしてもらえ問題解決へのサポートをしてくれます。